結婚の期待や幻想とその後の努力

結婚をする場合に、相手への期待が大きな部分を占めています。
問題はそれが事実かどうかということで、自分だけが、心の中に相手を理想化して、期待をしているだけだと、いずれ現実が理解されて、どうしてこうなったということになり、そのストレスで苦労をすることにもなります。
まったく相手を理解していなかった場合もあれば、ある程度は察していたけれど、大丈夫だろうとうやむやにしてしまい、美しい部分だけを相手に投影して、結婚をしてしまうという場合もあります。
それらの対処方法としては、事前に結果を予測して、対処できれば一番良いのですが、それができない場合でも、お互いがそれらの足りない部分を理解して、努力して向上しようとするのであれば、またそれも良い刺激になり、考えている以上の愛情の繋がりになる場合もあります。
夫婦関係は同じものはひとつもなく、それぞれの夫婦だけの現象として現実に現れます。
それをどう対処するかということも夫婦の絆の重要な部分になります。